チームで成果を出せる
リーダーの育成

マネジャーに求められる「マネジャーとしての役割」「人と組織のマネジメント」「業務のマネジメント」「リスクのマネジメント」等、総合的なマネジメント知識を学ぶことができます。

CMを見る

ビジネスマネジャー検定試験(ビジマネ)とは

企業の規模や業種の枠を超え、管理職が身につけておくべき、マネジメントの基礎知識を体系的に学ぶ検定試験です。
マネジメント知識は習得による個人のスキル向上と同時に、企業の組織力向上にもつながります。

ビジマネ つのポイント

  • マネジメント知識の習得

    マネジメントの基礎知識を体系的、総合的に学べます。

  • 効率的な学習

    各種制度や法改正にも対応したマネジメント知識を、時間や費用を抑えて学ぶことができます。

  • 効果測定

    年2回の検定試験でマネジメント知識の習得度を客観的に測定できます。

2つの受験方法

マネジメント知識を測定する試験として、下記2種類の試験をご用意しております。目的・用途に合わせてご活用ください。

  • 合格基準
  • 試験日程
  • 試験時間
  • 設問数
  • 受講料
  • その他
  • ビジネスマネジャー
    検定試験
  • 合格基準

    70点以上(100点満点)

  • 試験日程

    年2回

  • 試験時間

    90分

  • 設問数

    都度異なる

  • 受講料

    7,700円(税込)

  • 合格基準

    合格の場合には、希望者のみ合格証の購入が可能

ビジネスマネジャー検定公式サイトへ
  • ビジネスマネジャー
    BasicTest
  • 合格基準

    なし(スコア表示)

  • 試験日程

    24時間365日

  • 試験時間

    60分

  • 設問数

    60問

  • 受講料

    4,400円(税込)

  • 合格基準

    スコアレポートを発行・印刷可

こんなお悩みはありませんか?

  • 就業年数や職務経験を重視した人事評価をしているため、現在の管理職や管理職候補の人材にマネジメントの知識や能力があるか不安に思う。

  • 体系的な人材育成制度が確立されておらず、管理職研修などは外部機関の研修などを不定期に受講している程度。

  • 会社の事業分野として、技術者が多く、技術優先の風潮があり人材育成などが制度化できていない。

  • 資格取得や研修の受講といった個人のスキルアップに対して、従業員が積極的ではない。

もっと見る
  • 管理職育成の効率化を図りたい。
  • 将来的な管理職への登用を考慮し、中堅クラスの能力強化を図りたい。
  • 若手社員の離職率が高い。
  • 管理職の業務が曖昧で、昇格を拒否する従業員がいる。

ビジマネの導入で解決できます!

  • 経験や実績とは別に、マネジメント知識や能力を考慮した人事評価制度を構築することができる。

  • 共通テキストでの学習や検定試験により、マネジメント知識の標準化を図れる。

  • 業務管理だけでなく、人材育成やリスク管理など管理職の重要な役割について総合的に学ぶことができる。

  • 資格取得支援制度や研修や試験費用の補助など、個人のスキルアップを支援する制度を構築することで、従業員が能動的に学ぶ環境作りができる。

もっと見る
  • 管理職のマネジメントスキルの底上げを図ることができる。
  • 管理職の育成にかかる費用、時間、労力を軽減できる。
  • マネジメントに必要な総合的な知識を効率的に学習できる。
  • 新任管理職が抱く不安や戸惑いを軽減できる。
  • 自身のキャリアマップを描くことができる。

活用方法

公式テキストで最新のマネジメント知識を学び、検定試験(2回/年 実施)で効果測定!

  • 人事評価ツールとして活用マネジメント知識の習得度を客観的に評価
  • 教育ツールとして活用公式テキストをマネジメントの教材として使用
  • マネジメント情報収集ツールとして活用SDGs、法改正、各種制度にも対応

受験者データ

累計受験者数約58,000名規模や業種を問わず、全国の企業で導入いただいております。

  • 試験結果

    毎年たくさんの受験者がいる事からこの試験の重要さがわかります!今後の自分のキャリアを高めるためにも絶好の機会です!

  • 業種別

    業種
    製造業 25.2% サービス業
    14.2%
    卸売・小売業
    12.7%
    金融・保険業 11.5% 金融・保険業
    12.7%
    情報通信・ソフトウェア業
    10.2%
    情報通信
    ソフトウェア業
    10.2%
    不動産業 7.9% 建設業 7.0% その他 5.6% 運輸業 3.0% 公務・団体 2.2% 学生 0.5%

    業種を問わず、様々な企業で導入されていることがわかります!あなたの在籍する業種の受験割合はどうでしょう?

  • 役職別

    役職
    部長クラス 8.6% 課長クラス
    34.4%
    係長クラス
    25.1%
    一般社員
    28.1%
    派遣社員・アルバイト
    0.8%
    その他 1.5% 役員クラス 1.5%

    課長クラスを中心に幅広い受験者層になっています!マネジメントを重視する企業が多いことがわかります!

公式テキスト情報等

ビジネスマネジャー検定試験で必要となる「マネジメントの基礎知識」を学習する公式テキスト、通信講座情報

プロモーション動画